老朽化したスレート屋根の
修繕はリ・ルーフシステム
施工は山庄建設に

山庄建設(株)は、(株)ダイフレックスと共同で、

老朽化したスレート屋根の延命を

リ・ルーフシステムで修繕する施工を開始しました。

リ・ルーフシステムとは?

老朽化した製造業等のスレート屋根や鋼製屋根に対し特殊な樹脂を3層に吹き付け、一度に「防水」「断熱」「補強等」の効果を生み出す「スレート・金属屋根改修工法」です。

お問い合わせはこちら

従来の修理工法との違い

1

工場の製造ラインに影響しない

従来
製造ラインを止める
必要あり

屋根スレート張替え工事では、アスベスト飛散防止対策・建屋内作業が必要で製造ラインを止める必要があります。

リ・ルーフシステム
製造ラインを止める
必要なし

既存屋根スレート表面からの吹付施工で製造ラインを止める必要はありません。製造ラインに影響なく、いながら施工が可能で、アスベスト(外部)も完全に封じ込めます。

2

工期の短縮

従来
工期が長い

製造ラインの養生、内・外部の足場計画スレート屋根張替え作業員の踏み抜き落下防止対策等、施工期間が長い。工期が長い

リ・ルーフシステム
工期が短い

工程数も3工程と少なく、さらに発泡ウレタン、超速硬化ウレタンは 短時間で硬化するため3日間で300㎡~500㎡の施工が可能。
工程が大幅に短縮出来ます。

3

事故が起きにくく、安心・安全な工事

従来
踏み抜き落下事故等
の危険性あり

スレート屋根張替え工事では、作業員の踏み抜き落下事故の危険性が高くなります。

リ・ルーフシステム
安心・安全

[強度に優れる断熱層]と[超速硬化ウレタン]により優れた補強効果を 発揮します。
JIS K 7074に準じた3点曲げ試験結果では無処理スレート板に比べ、下地板の強度が30%UPします。【最大荷重:347N】

4

低コストの工事を実現

従来
高価格

アスベスト飛散防止対策費用
・建屋内部足場設置費用
・製造ライン養生費用
・施工期間中の製造ライン停止に伴う損失費用
 以上の費用が必要になります。

リ・ルーフシステム
低価格

外部足場設置費用のみで、低価格での施工が可能です。 施工に伴う防水は最大10年保証します。

施工の流れ

下準備
下地清掃・蓄積物除去

接着阻害要因となる蓄積物を除去します。

1層目
SGフォーム吹付

断熱性・超速硬化硬質発泡ウレタン(難燃性)を吹付けます。

2層目
エバーコートSP-200吹付

高強度・超速硬化ウレタン(防水補強層)を吹付けます。

3層目
遮熱トップコート塗布

耐紫外線・高反射による断熱・遮熱性を有する不燃塗料を塗布します。

完 了




施工例

スレート重ね目状況
施工前
施工後
スレートフック状況
施工前
施工後
スレート屋根丸型ベンチレーター
1. 撤去前状況

経年劣化した丸型ベンチレーター

2. 新規ベンチレーター取付状況

新規丸型ベンチレーターに交換



3. SGフォーム吹付状況

丸型ベンチレーター周辺に断熱性・超速硬化硬質発泡ウレタンを吹付けます

4. 完了

遮熱トップコート塗布完了

スレート屋根避雷針
1. 施工前状況

経年劣化した避雷針

2. 完了

SGフォーム吹付~遮熱トップコート塗布完了




リ・ルーフシステム紹介動画 >
(YouTubeへ移動します)

対応エリア

東日本エリア全域

で対応可能



お客様のニーズに的確にお応えいたします!

1
スレート屋根の経年劣化で漏水が発生しお困りの方
既存スレート屋根施工後、防水は最大10年保証します

2
築30~40年経過し、台風等の強風でスレート屋根の
破損・飛散による近隣・通行人への事故が心配な方
リ・ルーフシステムでは、ポリウレタン樹脂の効果で、
破損の心配がありません

3
スレート屋根の葺き替えを検討しているが、
工場の生産ラインを止めることが出来ないでお困りの方
製造ラインを止めることなく、いながら施工が可能です

4
スレート屋根のアスベスト処分でお困りの方
既存スレート屋根の表面からの吹付け施工で
アスベスト(外部)を完全に封じ込めます

お問い合わせ

必須御社名
必須ご担当者名
必須電話番号
必須メールアドレス
必須ご住所
必須ご相談内容詳細

go top